もっと新鮮
もっとサステナブル
もっとおいしい

お取り扱い店舗一覧

100% Local

Infarmの野菜は、
化学農薬を使わずに近隣地域で育てられ、
手摘みしてお届けします。


新鮮な味わいが楽しめるよう、
根を付けたままにしています。

Infarmで働きませんか?

Infarmは、「明日の都市への食料供給」に取り組んでいます。
私たちの価値観に共感し、一緒に挑戦したい方のご応募をお待ちしています。

募集ポジションを見る

JAPAN

Infarm、サミットストアでの販売を開始

ビデオを見る
JAPAN

Infarm、紀ノ国屋での販売を開始

ビデオを見る
Japan

紀ノ国屋 代表取締役社長 堤口氏が語る、Infarmの商品価値

ビデオを見る
Japan

JR 東日本 執行役員 事業創造本部副本部長 表氏が語る、Infarmへの期待

ビデオを見る
Japan

Infarm Japan 代表取締役社長 平石が語るInfarmのビジョン

ビデオを見る
コペンハーゲン

Introducing Infarm to Copenhagen with Irma

ビデオを見る
シアトル

Introducing Infarm to Seattle with Kroger

ビデオを見る
ロンドン

Introducing Infarm to the UK with M&S

ビデオを見る
ベルリン

Talking with Michelin starred Chef Tim Raue

ビデオを見る

Infarmのハーブ&野菜

根は付けたまま
新鮮な味わい

ファーム

610
50

現時点

節水量

3172000

リットル

Close popup

Watering icon 使用水量 Hand icon 土地

Barbosa, G. et al. (2015). “Comparison of land, water, and energy requirements of lettuce grown using hydroponic vs. conventional agricultural methods”. In: International journal of environmental research and public health 12.6, pp. 6879–6891.

(Barbosa, G. 他(2015)「水耕栽培法と従来の農法を使用して栽培されたレタスの土地、水、エネルギー要件の比較」"International Journal of Environmental Research and Public Health" 12.6、pp 6879–6891)

参照元はこちら

短縮された輸送距離

1525000

キロメーター

削減された土地利用

24400

平方メートル

上記の計算は、年間の農業基準に基づいています。

おいしさと
サステナビリティ
の両立

コントロールされた栽培環境
クラウドファーミング
新鮮&おいしい

Infarmは、最適な光、空気、栄養素を備える
エコシステムです。野菜が自然本来のおいしさを
表現できるように、栽培条件を整えています。

すべての屋内ファームは、常に自動的に
学習・調整・改善を行うクラウドベースの
AIに接続されており、遠隔的にコントロール
されています。旧来の野菜よりも計画的かつ
生産的に育てることができます。

根を付けたままにすることで、Infarmの野菜は
味わいと風味をしっかり保ちます。
化学農薬は一切使用せず、おいしくて新鮮、
そして健康的な野菜です。
違いを味わってみてください。